web

ポチップはRinker+COPIAの代替になるか?

2021-07-07

pentorukun

ペンギン・本・カメラをこよなく愛するサラリーマン ◉推しはアデリーペンギン/ヒゲペンギン ◉短編小説愛好家(一日一作品)  ◉α6500ユーザー(ミラーレス歴13年) |みなさまに”ささやかだけれど役にたつ”情報をお伝えします。

ポチップ(pochipp)はRinker+COPIAの代替になるか?

比較検証・考察してみました。

ペントル的な結論は「長い目で見ればRinker+COPIA」一択です。

あくまでペントルはこうしたということでポチップもかなり優良なツールだと思います
スポンサーリンク

ポチップとRinker+COPIAの比較

料金(税抜)
マイクロコピー
PA-API
ポチップ
無料
手動
不要
Rinker
無料
手動
必要
Rinker+COPIA
980円/月
7,800円/年
自動
必要

それぞれの正確な情報は公式ページでご確認ください。

Rinker→Rinker公式 COPIA→COPIA公式

ポチップ(pochipp)→ポチップ公式

Rinker+COPIAについて

Rinker+COPIAのメリットとデメリットは次のとおりです。

Rinker+COPIAのメリット

Rinker+COPIAのメリット

マイクロコピーが自動で表示される

これがとにかく最高のメリットです。

セール情報を見逃すことがないしセール終了時の表示offなども気にしなくてすみます。

記事を書くことに集中できます!

Rinker+COPIAのデメリット

Rinker+COPIAのデメリット

利用料金がかかる

1ヶ月ごとの更新だと980円。1年契約だと7,800円(1ヶ月あたり650円)です。

頑張ればすぐ元は取れそう
スポンサーリンク

ポチップについて

ポチップのメリットとデメリットもあげておきます。

ポチップのメリット

ポチップのメリット

無料で利用できる

これにつきます。

Rinkerも単独で使う分には無料ですがポチップが勝ってるのはPA-APIを利用できることです。

ポチップのメリット

PA-APIを利用できるプラグインがある

これはRinkerと比較して唯一絶対的メリットと言えるかもしれません。

しかし!運用に若干の不安を覚えてしまいます。デメリットの項で説明します。

PA-APIについてはこちら↓の記事も参照してください。

[Rinker初心者向け]「リクエストが多すぎます」エラーの原因と解決法はずばりこれ!

続きを見る

ポチップのデメリット

ポチップのデメリット

マイクロコピーを手動で管理する必要がある

セール情報を自分でチェックしてマイクロコピーを仕込むという作業が苦でなければいいのですがペントルはちょっと自信がありません。

セール情報の見逃し=機会損失ですからね

ポチップのデメリット

PA-APIの運用に不安あり

ポチップにはPA-APIがなくても商品検索ができるようになるプラグインがあります。

が。将来的にAmazonの規約が変わったりポチップ自体の仕様が変わったりして使えなくなる可能性がないとは言えません。

そうなった時にRinker+COPIAに乗り換えてコードをすべて書き直すとなるとかなりの手間です。

まとめ

今回はポチップはRinker+COPIAの代替になるか?についてお伝えしました。

ペントルがRinker+COPIAを推す理由は次の2つです

  • マイクロコピー(セール情報)が自動で入る
  • 安心して長く使い続けられる

ポチップも間違いなく優良なツールだと思います。

これから改良が進んで安心して使えるようになったら乗り換えを検討するかもしれません。

この情報がみなさんの参考になれば嬉しいです
スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

pentorukun

ペンギン・本・カメラをこよなく愛するサラリーマン ◉推しはアデリーペンギン/ヒゲペンギン ◉短編小説愛好家(一日一作品)  ◉α6500ユーザー(ミラーレス歴13年) |みなさまに”ささやかだけれど役にたつ”情報をお伝えします。

-web